フリーダイヤル

0120-68-4182

メール

お問い合わせ

歯間ブラシで丁寧にケアするあなたに

歯間ブラシとハブラシ
2人に1人が歯周病!?
歯周病患者数は20年間で2.7倍

30〜40代の4割以上の⽅が、50代に⾄っては2⼈に1⼈が⻭⾁炎や⻭周病の可能性があります。
また⻭周疾患の患者数は、約20年で2.7倍に増えています。

歯周疾患の総患者数

歯周疾患の総患者数のグラフ

「H29患者調査(厚労省統計)統計表9 総患者数、性・年次・主な傷病別」より「⻭⾁炎及び⻭周疾患」のデータを抜粋しグラフ化

check

歯周病の仕組み

⻭周病細菌(プラーク)ポケットに侵⼊して感染を起こす事で発症します。
⻭グキは⾚くなり腫れて、悪化すると⻭を⽀える⾻が溶けて、⻭が抜けてしまいます。

磨き残しが起こる原因

加齢とともに増える歯根の露出

⻭グキに隠れた⻭の根元(⻭根)が40代あたりから露出しかけている場合があります。

⻭根は複数の根がありデコボコしているため、特にその度合いが強い場所は⻭ブラシが素通りしやすく磨き残しが⽣じます。

歯の根元(歯根)
歯根はボコボコしている
check

歯の形について

歯の形は1本1本違い、年齢や歯周病の程度によって様々です。
歯の表面は平らではなく、かなりデコボコしています。
その程度は年齢、歯の種類、歯肉退縮量によって大きく異なります。

凹凸が多い部位は、磨き残しが増えることから、“隠れたプラーク”がたまりやすく、歯周病になりやすい場所です。

歯間ブラシと歯ブラシでパーフェクトケア

デンタルプロ ハブラシ
コンパクト <やわらかめ・ふつう>
超コンパクト <やわらかめ・ふつう>

歯間ブラシで丁寧に
ケアするあなたへ

Sales Point

  • 歯間ブラシと併用して使うことで、パーフェクトなケアを
  • ケア意識の高い歯間ブラシユーザーの声を反映し開発
  • 歯学博士がお薦めする歯ブラシ
コンパクト
デンタルプロ コンパクトハブラシ
超コンパクト
デンタルプロ 超コンパクトハブラシ

隠れたプラークを効果的に除去できる歯ブラシ 隠れたプラークを効果的に除去できる歯ブラシ

歯の形は1本1本違い、表面は平らではなくかなりデコボコしています。
凹凸が多い部位や歯の根元(歯根)が露出しかけている部位は、磨き残しが増えることから“隠れたプラーク”がたまりやすく、歯周病にかかりやすい場所です。

デンタルプロハブラシは、そんな歯の細かい凹凸にフィットするように考案されました。

デンタルプロ ハブラシ

歯にフィットする設計

ラウンド毛

ラウンド毛(内側)
特許出願中

【微段差植毛】

微段差植毛

歯面や狭いすき間にぴったりフィットし、効果的にプラークをかきとる。

ラウンド毛
超極細毛

超極細毛(外側)

歯周ポケットのプラークをかき出す。

超極細毛

歯磨きのポイント

“隠れたプラーク”
のたまりやすい場所はココ!

プラーク“たまりやすい場所

深い溝のある

上の犬歯の裏側

プラーク“たまりやすい場所

凹凸があって磨きにくい

奥歯の表裏

プラーク“たまりやすい場所

歯石がつきやすい

下の前歯の裏側

歯ブラシの評価

モニター調査

この商品は
磨きやすかったですか?

Yes
80.2%

No
19.8%

今の歯ブラシより
磨きやすいですか?

Yes
80.6%

No
19.4%

※2019年12月 
デンタルプロ調べ

歯ブラシラインナップ

デンタルプロ ハブラシ コンパクト
デンタルプロ ハブラシ コンパクト

コンパクト

ふつう

やわらかめ

デンタルプロ ハブラシ超コンパクト
デンタルプロ ハブラシ 超コンパクト

超コンパクト

ふつう

やわらかめ

すき間にこだわる歯間ブラシ すき間にこだわる歯間ブラシ

デンタルプロ 歯間ブラシ
日本歯科医師会推薦商品

自分にあったサイズを
使いましょう!

I字型

豊富な7サイズ(SSSS〜LL)

デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ
デンタルプロ I字型歯間ブラシ

L字型

豊富な6サイズ(SSSS〜L)

デンタルプロ L字型歯間ブラシ
デンタルプロ L字型歯間ブラシ
デンタルプロ L字型歯間ブラシ
デンタルプロ L字型歯間ブラシ
デンタルプロ L字型歯間ブラシ
デンタルプロ L字型歯間ブラシ

※本品の品質・性能等の保証及び製造・販売に関しては当社が責任を負います。

サイズが合わない!
そんなときは、

「安心のサイズ交換サービス」を
ご利用ください。

check

ちょっといい話

歯間ブラシは歯磨きの前に使いましょう。
歯間ケアがしっかりできて、より多くのプラークがとれますよ。